2006-12-29

極寒の絵下山

Winter Sky
Winter Sky, originally uploaded by Giyu (Velvia).

まだギリギリ雪の降っていない真冬の絵下山へ撮りおさめに行ってみた。

寒さに激しく強い、さ○ひさ氏も寒さのあまり動けなくなるほどの尋常ならざる寒さ。一般的な防寒着でいっても全く効果なく、手を1分出しておけば吹き荒れる風に体温を持っていかれ、動かなくなった。
また、カメラのバッテリーがあっという間に電圧が落ちて使いものにならなくなるし、液晶モニタは画面の切り替えに 1 秒弱かかるようになって、「ジワァァ」と表示される。

冬山装備の完全防寒と、保温性の高いグローブは必須。

2006-12-27

冬の雨

a nandin
a nandin, originally uploaded by Giyu (Velvia).

もう12月も終わる頃というのに雪が降らない。
代わりに冬の嵐が激しい雨を運んでくる。

2006-12-22

広島ドリミネーション06'

Beads Castle
Beads Castle, originally uploaded by Giyu (Velvia).

今年もやってきた広島ドリミネーション。
今年は新アイテム AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G (IF) を手に入れたので意気込んで撮影へ。 (`ω′)

今年から急激にカメラというものにハマっていただいたナイスカップルとも遭遇し、がんばってるという意気込みに関心して、今回はまじめに、この全国的には貧相なイルミネーションをなんとか美しく魅せようと画策したけど、んー、やっぱりイマイチ。

2006-12-07

箱庭の呉

Kure City Night
Kure City Night, originally uploaded by Giyu (Velvia).

灰が峰からの呉。 MC ARAX 35mm T&S を絞ってチルトすると、ボケの点光源が美しい。

2006-11-25

“秋”の宮島

yellow tree
yellow tree, originally uploaded by Giyu (Velvia).

小春日和の晴天だったので、勢いで紅葉真っ盛りの安芸の宮島ならぬ秋の宮島に主任とおもむいてみた。
山の奥は既に落葉しつつあるものの海沿いの紅葉谷入口や紅葉歩道はまさに紅葉真っ盛り。何か行事でもあるのか夕方になっても人人人...。

紅葉谷にある茶屋で恒例の甘酒に舌鼓を討ちつつ、秋の宮島撮影探訪は最高でした。

2006-11-12

雨の三段峡

The Sandan cataract
The Sandan cataract, originally uploaded by Giyu (Velvia).

三段峡は、あいにくの雨で、とにかく寒かったわけだけども、雨の森は晴れの森以上に艶があって魅力は倍増する。


nature snap shoot
nature snap shoot, originally uploaded by Giyu (Velvia).

しかし三段峡いく途中の山々のほうが一斉に色づいていて、「まさに紅葉」といった雰囲気ですばらしかった。落葉する前にもう一度、秋の色を撮りにいきたい。

2006-11-03

Drag star classic

Drag star classic
Drag star classi, originally uploaded by Giyu (Velvia).

悪友セイネンがめでたくバイク免許をゲッツ。
自分の後悔を参考に、大型をとらせて、お気に入りのDSCを購入。
ツアラーほすぃぃぃ~

雄橋

Onbashi, out back
Onbashi, out back, originally uploaded by Giyu (Velvia).

帝釈峡は、紅葉しきって落葉したものが多く、いわゆる紅葉してるものとまだまだこれからといった緑の葉がバラバラに混在していて、一斉紅葉とは程遠いものだった。
でもまあ、良い気分転換になったなー(′ω`)

しかし、それにしても人だらけ!どこかのテーマパークにでもきたかのようで、リラクゼーション効果は皆無だった(`ω′)

2006-10-30

なぎさ公園

Sky at sunset
Sky at sunset, originally uploaded by Giyu (Velvia).

Nagisa park
Nagisa park, originally uploaded by Giyu (Velvia).

某O塚さんのオススメスポット、なぎさ公園に早速行ってみた。

最初は夕日を撮影にベイサイドビーチ坂へ行き、そのあとなぎさ公園へ。ケーブルレリーズは忘れるわ、広角レンズは忘れるわで忘れものしすぎだったけど、何枚か撮影。
いずれのスポットも、ちょっとした「ぶらり撮影」には最適。

1枚目はなぎさ公園、2枚目・3枚目はベイサイドビーチ坂。

2006-10-27

秋の終わり

the end of autumn
the end of autumn, originally uploaded by Giyu (Velvia).

コスモスのシーズンをもうすぐ終わり、紅葉がはじまった。

冬の到来。

pure cup

pure cup
pure cup, originally uploaded by Giyu (Velvia).

友達に捧げたホワイトコスモス。

2006-10-15

この世に偶然なんてない

a foggy morning
a foggy morning, originally uploaded by Giyu (Velvia).

あるのは必然だけ。(-∀-)


――いいね、出遭いは必然なのよ。

どんな必然なんだろう!と、考えてみたくなった。

2006-09-18

秋らしく

cosmos #2
cosmos #2, originally uploaded by Giyu (Velvia).

コスモスの様子を伺いに国営備北丘陵公園へドライブしてみた。台風一過直後で倒れていたり花弁はぼろぼろになっていたりと鑑賞するには良くない日だった。時期も多少早すぎた感じで今週後半あたり見頃を迎えそう。

秋はなんでもいい感じやね。趣味満開(`ω′)

2006-09-06

MANTIS

in the rain
in the rain, originally uploaded by Giyu (Velvia).

午前中ひどい雨が降ってた。そんな中、雨宿り中のカマキリがいた。ラブリー(´-`*)

ダンス踊ってた

2006-08-30

長いようで長かった

shard
shard, originally uploaded by Giyu (Velvia).

23日に我が家を出発してニコンサービスセンターに行き、29日に無事戻ってきたカメラ。

手元になかったのはたかだか6日弱だったけど、普段からファインダーを覗いたり、どこに撮影にいこうかと考えている分、手元にカメラがないと手持ち無沙汰というかソワソワしていた。どれだけ貪欲にフォトジェニックなものを探しているかが自身でよくわかった悶々期間だった(゚Д゚)

修理中ということがあったり、もし撮影に行って突然の故障とか考えると、やはりフィルムカメラも一台持っておくべきだなぁ~。

写真は無事戻ってきたカメラでの試し撮り。

2006-08-25

夏のうちにやっておけ

a hornet on sunflower
a hornet on sunflower, originally uploaded by Giyu (Velvia).

もう八月も下旬…。(´・ω・`)

まあ、世間一般には開放的になって、恋多きシーズンと呼ばれる夏ももうすぐ終わるわけですよ。

今年の夏も通年に習って特に女性との出会いがあって素敵な二十代後半の青春を謳歌するわけもなく、一際夏らしいこともせずにこの時期ですよ……また(繰り返しの意)。

2006-08-21

バイク祭り

double grab
double grab, originally uploaded by Giyu (Velvia).

日曜は朝から人楽交流祭りというバイク祭りに行ってみた。

強烈な UV と蒸し暑さで肌を出していた二の腕と顔下半分が完全に日焼けしてヒリヒリ(´Д⊂ヽ
微妙にサングラスの跡も残ってるしー!

Superman seat grab暑さ対策を忘れていたので、完全に暑さにノックアウトされつつも、見たかった高さ10メートルのジャンプをして空中で様々なポーズを決めるフリースタイルモトクロスや、1000ccクラスのバイクを自在に操るビッグバイクエクストリーム、スーパーモタードバイクのエキシビジョンレースを堪能できた。

目前4、5メートルで大ジャンプをするフリースタイルモトクロスの迫力はもちろんのこと、以前実際のレースをみたスーパーモタードは、わずか1メートルにも満たない先で、次々と豪快なドリフトをしてコーナーに突っ込んでいく迫力は、サーキットでは絶対に味わえないものがあった。

祭り前半は、クールな広島人らしく盛り上がりに欠けた雰囲気だったが、後半は大いに盛り上がり、いつのまにか会場いっぱいのギャラリーで溢れ返っていた。

その他の写真は、Flickr から。

2006-08-14

十方林道

Jimny attack #1
Jimny attack #1, originally uploaded by Giyu (Velvia).

十方林道へ藤やんのジムニーで寄ってみた。

台風の影響でまともに歩くことも困難な状態になっている上、渓畔林で石ばかり。どこの渓谷も台風の影響が大きく、ほとんど改善されていない。
なぜか藤やんは意気揚々とその林道へ向けてジムニーを走らせたが、スピードは当然人が歩く速度で時間や状態を見て少しいったところで引き返した。
次回は散策に行きたいと思う良い所だった。

十方林道周辺は三段峡などの景勝地と原生林の残る貴重な林道ということで、現在までも舗装されたり河川整備がされていなかったが、最近になって舗装化するなどの開発が問題になっている。また、渓畔林で生殖する貴重な植物などを知らずに野草を踏みつけたり、遊び感覚で暴走するドライバーが多数いることも問題になっており、今後車両の進入を禁止する可能性もあるという。
いずれの問題も無知な人間の傲慢さが原因だ。

2006-08-07

61年目の夏

prays only for peace
prays only for peace, originally uploaded by Giyu (Velvia).

ヒロシマへ原爆が投下され、罪の無い人々が焼き殺された日から 61 年目の夏が来た。 未だ、米国から焼き殺された人々への謝罪は無い。

2006-08-01

今年初の花火

Kure fireworks festival 2006

先日、今年初の花火見学となる呉海上花火大会へ。

といっても、呉市北部にある標高 737 メートルの独立峰、灰ヶ峰から。花火の爆発音は 15 秒程度遅れて届くほど離れており、高さもあって花火を楽しむところとしては、まったくイケてない。花火を見下ろすようなスタイルで花火撮影をしたい人向けながら、それでもファミリーやカップルの姿もあり、賑わっていた。

宮島水上花火大会…どうすっかなぁ…

2006-07-31

人と動物と自然と写真

in the yellow sea
in the yellow sea, originally uploaded by Giyu (Velvia).

人や動物や昆虫などの生き物や、建築物や植物、自然の風景や景色さまざまだが、どれもそれなりの面白さがあって、いわばそれぞれの特徴的な「シャッターを押したくなる」ようなフォトジェニックな一瞬の動きが存在する。

最近、おいさんに写真を撮ってもらいたいという奇特で先見の目を持つ素晴らしい女の子がいて、お世辞でも嬉しい。自分の感じるフォトジェニックな一瞬と、写真を見た人が感じるフォトジェニックな一瞬が似ているってのは、自己満足を超えた喜びがある。

2006-07-30

灼熱やね

a sunflower
a sunflower, originally uploaded by Giyu (Velvia).

ひまわりを観にいってきた。灼熱の太陽の下、たくさんの人が訪れていた。

トニカク暑かった。帰りに道に立ってる温度計は 37 度を表示してた。

2006-07-29

涼みの園

a moist river #2
a moist river #2, originally uploaded by Giyu (Velvia).

連日猛烈な暑さの広島。
写真は帝釈峡。
これ見ると避暑と森林浴に行きたくなる。

バイクでいってみっかな~。

2006-07-26

霧の帝釈峡

natural bridge
natural bridge, originally uploaded by Giyu (Velvia).

世界三大天然橋のひとつらしい。写真にあるのがまさにそれで、右下に写っている人と比べるとどれだけ大きいかが多少はわかるかな?

帝釈峡といえば紅葉で、今回は夏なのでもちろん紅葉は無いものの、広葉樹に囲まれて大変美しい渓谷だった。

2006-07-19

PENTAX K100D

PENTAX K100D
PENTAX K100D, originally uploaded by Giyu (Velvia).

一眼レフデジタルカメラ、PENTAX K100D を早速藤やんが購入。昨夜はとりあえず、同社製初となる一眼レフ用の手ぶれ補正機能をチェックしに触りまくった。

「ちっちぇぇ」というコンパクトさはサイズだけでなく、本体重量とともに無くなったものの手軽に一眼レフを楽しめる携帯性は十分なパッケージ。手ぶれ補正効果も十分使い物になる性能で、液晶モニターも Nikon の D200 や D2Xs なみに素晴らしく、コストパフォーマンスは素晴らしい。

手ぶれ効果は実際に沢山写真を撮ってみて自分で実感しないと、どれだけ実際の撮影シーンで自分を手助けしてくれるかはまだわからいが、簡単なテストだけでもその効果には期待が持てる。

2006-07-17

雨続きになる

white clover
white clover, originally uploaded by Giyu (Velvia).

本州はどうやら今週一杯、曇りあるいは雨の冴えない天気になる模様。
気分くらいはスカっとした写真でも見て晴れやかにしたい。

2006-07-14

honey and clover

honey and clover!
honey and clover!, originally uploaded by Giyu (Velvia).

真夏かと。でも尋常じゃねぇ湿度を感じるとき、ああまだ梅雨かと。

Thunderhead

Lightning in a thunderhead
Lightning in a thunderhead, originally uploaded by Giyu (Velvia).

夕暮れ時、今日もえらく雲が少なく、空が青いので再び絵下山へ登ってみた。

雲も少なく、何枚か気に入った写真が撮れたが、到着した時に 「ちまっ」 と出来てた入道雲がだんだんと大きくなってきたのでそのまま成長を待つことにした。

2006-07-13

夕凪

an evening calm
an evening calm, originally uploaded by Giyu (Velvia).

瀬戸内は朝と夕に風がピタりと止む時がある。

海の波もなくなり、木々も静止する一瞬の不思議。

2006-07-11

嵐の予感

previous storm
previous storm, originally uploaded by Giyu (Velvia).

題材を考えたりタイトルを入れると写真の意図も伝わりやすい。というわけで今回の写真は「嵐の予感」といった感じ。

梅雨が明けそうで明けない。湿った風が流れ込んでピーカン天気でも湿度が高く蒸し暑い。久々感のある台風も次々と発生しているようで、もうちょっと梅雨は続きそう。

2006-07-09

たまには

a cat
a cat, originally uploaded by Giyu (Velvia).

暇なので稲妻でも撮れるかとどしゃぶりの中、車で鈴峯公園に。
やたら猫がいた。
なんだか退廃的な空間だったが、視界の悪い雨の中、いたるところに夜景を楽しもうとするカップルの車だらけ。展望台もカップルらが交代で訪れてきているような状況だった。

2006-07-02

常清滝

a beautiful fall
a beautiful fall, originally uploaded by Giyu (Velvia).

今日は特に用もなく、一人で日本の滝百選に選ばれている常清滝へドライブ。広島を代表する大規模かつ美しい滝で、126メートルの落差を誇ります。

例えるなら NTT クレド基町ビル(広島限定でわかりづらい)の展望室から水が流れ落ちているような壮観なもの。ランドマークタワーと比較したら、その半分くらいの高さだから小さく感じるな…。

nature photographers
しかし車でも行きやすいし、山道をさほど歩かなくても展望台までいけるのでちょっとしたドライブやツーリングにうってつけのマイナスイオンスポット。ただ、滝つぼの無い滝なので、雨の後の滝は岩にぶつかって砕けた水しぶきが物凄い。しかし、晴天が続くとそこまで大量の水量ではないので修行も可能。
また、ギャラリーもぽつぽつといて、やはりカメラマンが多かった。中には若いカップルや家族もいて、マイナスイオン浴を満喫していたようだ。

2006-06-28

暑さたるや

Japanease beetle on iris
Japanease beetle on iris, originally uploaded by Giyu (Velvia).

暑すぎる。湿度が高い上に日中は真夏のような暑さ。今日は無くなった用品を買いにバイクで買い物に出たものの、元々吸気の高いティーシャツ一枚だったのに信号待ちは汗だらだら。初夏つーか盆前の様相。今もパンツとティーシャツだけでプチ扇風機を回しつつの書き込み。
ビール飲みてぇなぁ・・・

(写真は先日訪れた小倉山公園の花菖蒲田にて)

2006-06-26

雨こそ外へ

DOMKE F-3x
DOMKE F-3x, originally uploaded by Giyu (Velvia).

日曜は、日中ほとんどが時折激しい雨の降る生憎の天気。しかし、雨の日こそ外へ出向く。ネイチャー写真の絶好の天候だからだ。
仕事もあるので早朝 7 時半には浜田自動車道大朝インターチェンジの降りてすぐにある小倉山公園の菖蒲田へ行き、その後美しい露の着いたブナの原生林でマイナスイオンを浴びつつ県道 5 号を経て島根県旭町の棚田、さらにその後国道 186 号線を下って温井ダム経由戸河内インターチェンジ近くの秘境的な位置にある井仁の棚田へ。そこで、元主任とさねさんらと合流。

今回訪れた 2 箇所の棚田は、日本の棚田百選に選ばれた、いわば日本の原風景が美しいスポット。井仁の棚田ではとっても小さな青空市も催されており、近くの人たちも訪れている。無論、この景色を写真に収めようと、カメラマンの姿も見られた。

2006-06-22

じめじめ

a hydrangea
a hydrangea, originally uploaded by Giyu (Velvia).

雨が降ってる。忘れたころにようやく梅雨シーズンかと思い出させてくれた。

もっぱらエアコンがかかっている所為か、背中とかがかゆい。だからメンソレータム AD かゆみ止めスプレーを使っている。そのスプレーによるベトベト感なのか高い湿度のじめじめなのかわかんないけど、身体もベタベタする。

見る分には大好きな雨、そして梅雨なんだけども不快感は相反する。

写真は庭で枯れ始めた紫陽花

2006-06-18

ほたる祭り

big lanterns
big lanterns, originally uploaded by Giyu (Velvia).

昨日訪れた川根のほたる祭りに行ってみました。

普段はのどかな田舎町が、無数の灯篭と、写真にあるような大きな灯篭によって演出され、予想以上の人出で賑わった川根ほたる祭り。
今年から蛍の住む川のほとりにある大きな田んぼのライトアップもされたようで、その灯篭がまた情緒たっぷりで素晴らしかった。

festival shop
到着時間がやや遅かったのもあって、期待の柚子田楽は味わえなかったものの、猪肉をつまみに生ビールを堪能。歯ごたえと濃い味わいの猪肉は、濃い目の塩焼きで最高。また、鮎は疲れていたので食べなかったものの、ふじやんの買った山女(やまめ)の塩焼きを一尾もらったところ、これがまた絶品だった。腹を空かして川魚三昧というのもまた、たまらないだろう。
来年は、まつり開始の昼頃からゆっくりと過ごしたい。

閑話休題。――実は、この川根地区に入る少し手前に、是非一日じっくりかけて写真をとりたいポイントがある。一両だけの列車が走る小さなローカル線と、大きくて自然豊かな河川、それを超える石橋脚の鉄橋と広い田。今度は、そこでまったりとプチキャンプをしつつ、一日まったりと過ごそうかと思っている。

2006-06-17

The glow of fireflies
The glow of fireflie, originally uploaded by Giyu (Velvia).

今年は見ごろを見逃さないように、夜、蛍のいる町へ。

20時になっても蛍は5匹程度だったがしばらくすると、だんだん光はじめ、20時半を過ぎるころには、いたるところで蛍が飛び回っていた。地元の人に聞くと、今年は、まだ見ごろに若干早いらしく、50匹程度だろうかな。それでも幻想的な光景は美しい。

上下町や湯来町など広島にもひっそりと蛍の生息する地域がある。それでも全国規模から見たらスケールの小さいもの。しかしながら、各地もピークの日に行けば、毎年200~500匹の大乱舞が見られるという。
広島の場合、ピーク時期はその年の気候だけでなく地域による差が大きく、志和町では6月初旬にすでにピークを迎え、今はほとんどいない。そして今回いった川根地区は6月中旬から下旬の数日がピーク。湯来町は6月下旬から7月初旬にかけて見られる。

今回いったところも道路脇の川に生息しており、ゆっくりとは見れない。ただ、比較的マナーは良い人が多かった。蛍鑑賞は近所への迷惑をかけないようにすることは勿論だが、最低限のマナーあるいはモラルとして、蛍を持ち帰ったり、生息する所にライトを向けたりしては絶対にいけない。こういった無知は罪である。


明日は同じところで「ほたる祭り」なのものがあるので、元気だったらまた行ってみようと思う

2006-06-05

モータースポーツ撮影

Moto1 Supermotard #3
Moto1 Supermotard #3, originally uploaded by Giyu (Velvia).

モータースポーツ撮影は、これまた特別なフォトグラファーが得意とする領域。300mm 以上の俗に「バズーカ」と言われてる望遠レンズを、ほとんど手持ちのような状態で、時速 200Km/h で走るライダーの顔にピントを合わせて高速シャッターで連射する。
普通、400mm、500mm の望遠撮影で手ぶれをさせずに 100% の合掌率を出そうとすれば1/1000秒以上でないと、ぶれてしまう。被写体ぶれももちろん発生する。そんな状態で、モータースポーツの専門フォトグラファーは1/20秒や、1/60秒でも被写体にピッタリとピントが合い、その他の部分は完全に“流れ”た写真を撮ることができる。

今回は、500mm 相当を 1/25 秒、1/60 秒完全な手持ちで撮影しまくったが、ほとんど失敗。 1/125 秒以上なら成功率も上がるが、さすがに周囲が完全に“流れ”ていなかった。まだまだだ…。

2006-06-04

moto1

Moto1 Aprilia #2
Moto1 Aprilia #2, originally uploaded by Giyu (Velvia).

今日は朝早くから夕方まで、広島の高田にあるサーキットで開催された、Moto1 All Stars に観戦に!
観戦というより、スピード感溢れるエキサイティングな写真が主目的!!

2006-06-02

Bokeh

YAMAHA Silent Guitar
YAMAHA Silent Guitar, originally uploaded by Giyu (Velvia).

ギター弦を張り替えて、すこぶる弾きやすくなった。でも、上達しなくなった。もっと色々なことを学ぶべき頃合ということか。

で、張替えたついでに天気も良いので写真にしてみた。Flickrにアップしたところ、その写真には "Bokeh" タグを追加したらどうかとビジターにコメントされて、「はて?Bokehって?」と思ったら、フォトグラファーで使われる専門用語で日本語の「ぼけ」が語源という。そのまんまだけど、ぼけの直英訳は、out of focus image だ。コンピュータグラフィックスでは日本語で言う“像のぶれ”と同意の Blur を使う。

Umami (旨み) のように日本人独特の感性からきた言葉が世界で使われるように、日本人の「ぼけの美しさ (ぼけ味)」という独特の感性がまた、世界で使われているのは面白い。

2006-05-25

梅雨入り

discover color by the side of the road #1
discover color, originally uploaded by Giyu (Velvia).

今日は五月晴れで快晴。西陽を受けて汗をかきつつ仕事をしていたものの、どうやら明日以降から天気は急降下し、ずるずると梅雨入りをしそうな雰囲気。梅雨入りしても仕事場は相変わらずエアコンフル回転なのでジメジメしてイライラすることはないものの、バイクで出かけられなくなるのにイライラしそうだ。

まあそんな天気とは関係なく、最近は、溜まった小説を夜に読みつつ寝るという日々なので、今夜もチューバッカが自室に遊びにきつつも無視して本を読もうとしたところ電話が…。しかし女の子からの電話とあらばすぐさま Wake up!! (・∀・)
ここで男からの電話なら即切るのについつい長電話してしまう自分が好き。むしろコレクトコールで掛けてこい! 請求は回せ!! o(´□`o)ぽんぽん!
ちなみに IP 電話の場合はあらかじめメールでよこしてくれれば掛けなおすYO!

さて、5 月病も無事峠を越え、完全にキーボード叩きまくりモードで体内時計もおおむね正常。しかし、なぜか二度寝をしてしまう。したくないのにしてしまう。寝起きが老人のダッシュ並みに遅いのは自分でも閉口。やはり一日に仕事と読書をすると脳が普通以上に疲れてるのかも…。(´・ω・`)
仕事をしたあとテレビを見ると確実に翌日が眼精疲労で偏頭痛になるのも職業病かなぁ(´・ω・`)

2006-05-21